飛騨高山観光Web

上高地


上高地は日本でも最も美しい観光地の1つであると思います。特に河童橋から徒歩で1時間程度のところにある明神池の美しさはこの世のものとは思えないくらいです。新緑の季節の冠雪した穂高連邦をバックにした上高地や紅葉の季節の明神池は特に美しく見逃せません。朝もやの中の明神池の美しさも格別ですが、上高地に宿泊しないと見ることができません。




マウス左クリックで地図のスクロールも可能です。     印刷用PDFファイル(160KB)

上高地では散策を楽しもう
上高地に行くと河童橋だけ行って、その景色に満足して帰る人が多いようですが、それはあまりにも、もったいないです。上高地の本当の魅力は湿原や池などのある散策路を楽しむことにあります。
上高地散策は大正池から河童橋のコースと河童橋から明神池へのコースの2コースが中心です。大正池を周る場合は行きは大正池でバスを降りて河童橋まで散策するのがお奨めです。逆に河童橋から大正池のコースは山の景色を背中に背負うので景色が良くないことに加えて帰りのバスが満員の場合が多いので大正池には停車しなく、いつまでたってもバスに乗れない事もあります。
上高地の一番の見所は明神池です。上高地バスターミナルから徒歩で1時間くらいかかりますが、この美しさはこの世のものとは思われないものがあります。明神池の水が透明で岩魚が泳いでいるの姿も見え、オシドリやカモも人間を恐れないで近づいてきます。上高地に行ったときには是非明神池まで足を伸ばしてください。明神池に行くには河童橋から梓川上流に向かって右岸の散策路(穂高などの山が見える梓川左岸歩道)と左側の散策路(湿原など見所が多い梓川右岸歩道)があるので、行く時と帰る時で別のルートを通り、両方楽しむことをお奨めします。
もし体力に自信がなくて歩くのがいやな人でも河童橋から15分程度で行ける岳沢湿原くらいは見ておくことをお奨めします。岳沢湿原は河童橋から明神池に向かう左側の散策路の途中にあります。上高地の地図を参照。
歩道は川の流れに対して左岸右岸と名づけられているので間違えないようにしましょう。
上高地に行った時には是非平湯大滝にも寄りましょう。平湯バスターミナルから近くて気軽に行けます。
紅葉の季節の上高地は寒いので真冬の服装が必要です。もちろん歩きやすい靴が必要なのは言うまでもありません。
上高地の場所はこちら
平湯の駐車場について
上高地には自家用車では入れないので駐車場に停めてバスで行くことになります。平湯にはバスターミナルやその近辺の村営駐車場がありますが、上高地へ行く場合には駐車が長時間になるので禁止されています。平湯方面からだと村営あかんだな駐車場へ駐車することになります。村営あかんだな駐車場も駐車台数(860台)が限られているので、なるべく早く着くようにしないといけません。午前9時を過ぎると紅葉シーズンなどは村営あかんだな駐車場に入れなくて安房トンネル(有料750円)を通って沢渡駐車場(1500台)まで行かないといけない事もあります。そうなると時間のロスも大きいので金沢から行く場合は可能な限り早く出発することをお奨めします。
なお、早くついた場合に限り平湯バスターミナル近辺の駐車場についての裏技も存在しますがお奨めはしません。ルールを守って駐車しましょう。
平湯から上高地のバスについて
平湯から上高地へはバスで30分かかります。バスの出発は30分に1本です。村営あかんだな駐車所と平湯バスターミナル間の無料シャトルバスも20分間隔です。いずれも満員になる可能性が大きいので1度に乗れない可能性のほうが高いです。そういう時間のロスを少しでも減らすためには複数人数で行く場合は1度平湯バスターミナルへ寄って1部の人を降ろしてバス乗車券の購入とバスの列をついてもらい運転者だけ村営あかんだな駐車所へ行って自動車を置いてくるという方法をお奨めします。ちなみに村営あかんだな駐車場から平湯バスターミナルまで徒歩で10分なので、徒歩のほうが時間のロスが少ないと思われます。
なお、上高地から平湯に向かうバスも混雑で時間のロスを覚悟しないといけません。俊が行ったのは10月19日の紅葉の季節だったのですが、上高地の駐車場に入れない観光バスが途中の道路に長距離にわたって駐車し、かなり長い距離で片側交互通行を強いられて駐車場へのバスが上高地に来れないような状況でした。俊がバスに乗ったときに後ろの列がバス5台分くらいの長さになっていたようで、一番後ろの人は2時間以上は待たされたんではないでしょうか。
現在は上高地へは観光バスでも入れなく(シャトルバスとタクシーのみ)なったので、途中の道路に長距離にわたって駐車するということは無くなっているようです。
とにかくいろんな面から考えても上高地へ行く場合はなるべく朝早く到着する事が重要だということは間違いないです。

トイレについて
上高地のトイレは基本的にはチップ制で有料(100円)です。河童橋の近くに無料のトイレもありますが、特に女性用のトイレは凄い列で待ち時間20〜30分くらいだったように思います。
食事について
上高地にはバスターミナルや河童橋近辺にも食事できるところがありますし、明神池近辺にも岩魚料理のお店が2軒あります。ただ混んでますしお弁当も高い(例えばおにぎり2個400円)ので、時間の余裕がたくさんある人以外は途中でコンビニ弁当でも買っておくなど前もって用意しておくことをお奨めします。但しゴミは必ず持ち帰りましょう。
金沢から上高地への交通について
金沢から上高地へ行くには自動車が良いです。金沢東I.C.から北陸自動車道で富山I.C.で降りて国道41号線を通り神岡で国道471号線に入り平湯温泉まで行きます。上高地へは自家用車は通行禁止なので村営あかんだな駐車場に停めて駐車場から無料シャトルバスで平湯バスターミナルに行き平湯温泉バスターミナルから上高地行きの有料バスで上高地に行きます。金沢東I.C.から平湯バスターミナルまでは2時間10分程度で着きます。上高地の観光については朝早く出発しないと不具合が多いので俊は朝5時40分に金沢を出発しました。
北陸自動車道の料金は1550円。村営あかんだな駐車場は500円。
上高地への往復バス料金(往復は片道2回より安い)は一人1800円です。

滋賀県の観光 富山の観光 福井の観光 京都の紅葉 医王山 白山の夏の花 白山スーパー林道 金沢の観光