飛騨高山観光Web

乗鞍岳・乗鞍高原の観光情報


乗鞍岳では乗鞍岳畳平を起点として魔王岳、大黒岳、富士見岳、摩利支天岳に行って登山気分を味わったり、乗鞍岳畳平のお花畑(7月中旬から8月が見頃)を楽しめたりできます。また、乗鞍高原では一の瀬園地を中心に善五郎の滝や牛留池を散策して楽しんだり、サイクリングロードでサイクリングして楽しむこともできます。三本滝や番所大滝も見逃せません。冬には乗鞍高原スキー場でスキーを楽しむこともできます。乗鞍高原には白骨温泉をはじめとし、白いお湯の温泉を楽しめる宿も多いです。



マウス左クリックで地図のスクロールも可能です。     印刷用PDFファイル(1300KB)

乗鞍岳の観光地

乗鞍スカイライン
乗鞍岳スカイライン 乗鞍スカイラインは岐阜方面から乗鞍に登る有料道路ですが、自家用車は通行できません。ただし、自転車は通行可能でヒルクライムレースの大会が行われたりもします。畳平から徒歩10分程度の場所に位置する桔梗ヶ原には、畳平の花畑に咲いていない種類の高山植物がたくさん咲いており穴場となっています。乗鞍スカイラインの上部は美しいですが、途中は単調な景色が続きます。
乗鞍スカイラインの画像
乗鞍畳平
乗鞍岳畳平 乗鞍畳平の駐車場から急な階段を降りていくとすぐそこに高山植物が群生するお花畑があります。お花畑の周りには板の通路が出来ていて、通路以外は立ち入り禁止になっていますが、花はすぐ近くから見ることができるようになっています。クロユリやコイワカガミ、コマクサ、ウサギギク、チングルマシナノキンバイなど一面に咲き誇っていてとても美しいです。高山植物の見頃は7月下旬から8月上旬です。
乗鞍岳の高山植物の画像
魔王岳
乗鞍の魔王岳 乗鞍岳には畳平から気軽に登れる山がいくつかありますが、一番気楽に登れるのが魔王岳です。魔王岳は標高2763mの山で畳平駐車場との標高差が約60mで15分程度で登れます。魔王岳からは穂高連峰など北アルプス方面や乗鞍スカイラインや畳平を一望することが出来ます。
魔王岳からは中央アルプスや南アルプスは見れないので、大黒岳も登っておくことをお奨めします。
乗鞍魔王岳の画像

乗鞍高原の観光地

番所大滝(ばんところおおたき)
乗鞍高原の番所大滝 番所大滝は小大野川が乗鞍岳の溶岩を刻んでつくった高さ40mの滝です。番所大滝の右手に板を重ねたように見える板状節理が見えます。番所大滝を見るには展望台のほうに行くのが良いですが遊歩道を散策し滝上展望台や番所小滝や千間淵などを見るのもお奨めです。
乗鞍高原の番所大滝の画像
善五郎の滝
乗鞍高原の善五郎の滝 善五郎の滝は30mの落差の滝で善五郎というきこり釣りをしていて大きな岩魚に滝つぼへ引き込まれたことから善五郎と滝と言われるようになったそうです。善五郎の滝へはすずらん駐車場から善五郎の滝展望台を通って善五郎の滝の滝壺まで行き休暇村に向かってからすずらん駐車場へ戻るのがお奨めです。
乗鞍高原の善五郎の滝の画像
牛留池
乗鞍高原の牛留池 牛留池は乗鞍岳噴火の際にできた溶岩台地のくぼ地に水がたまって出来た池です。牛留池は山々を背景にした景色が綺麗な池で休暇村の駐車場から徒歩2分で行けます。ただし牛留池の周りで池が見えるのは休憩所の1箇所しかありません。つまり牛留池の綺麗な景色を見るには休暇村の駐車場から7分かかります。
乗鞍高原の牛留池の画像
三本滝
乗鞍高原の三本滝 乗鞍高原の三本滝は小大野川・クロイ沢・無名沢の三本の川がひとつに合流するところに滝があることから名付けられました。3本の滝の中で本沢の滝と黒い沢の滝は間近で見れますが、もう1本の無名沢の滝は高い位置にあり、もともと離れたところからしか見えないのですが、今回は見つかりませんでした。
乗鞍高原の三本滝の画像

白骨温泉の観光地

上高地乗鞍林道
上高地乗鞍林道 上高地乗鞍林道は乗鞍高原と白骨温泉を結ぶ林道です。林道ということで自動車が交差できない部分も多いのだろうと覚悟してたのですが、りっぱで広い道なので途中で交差できない部分は皆無と言ってもよいくらいです。 山々が見える美しい風景の場所もあちこちにあり良い道路です。通行料は420円です。冬は県道白骨温泉線が通行止めになるので白骨温泉へ行く唯一の道路となり無料で通行できます。
上高地乗鞍林道の画像
噴湯丘
白骨温泉の噴湯丘 白骨温泉の噴湯丘は約3億5000万年前に炭酸水素塩を含む温泉が噴出して炭酸石灰が沈殿堆積してできたもので「特別天然記念物」になっています。 でも、どこが噴湯丘か、よくわかりませんでした。丸永旅館の庭が噴湯丘の岩石からできていて、噴湯丘の表示がありましたが、他にも噴湯丘があるようです。
白骨温泉の墳湯丘の画像
竜神の滝と三十三観音
白骨温泉の竜神の滝と三十三観音 白骨温泉観光案内所から県道白骨温泉線の沢渡方向へ50mくらい行ったところの駐車場に33体の観音さんが並べられています。 駐車場から数十メートル県道白骨温泉線に面している斜面の上から竜神の滝が流れています。竜神の滝は小さい滝で、斜面にある流れというふうにも見えます。
白骨温泉の竜神の滝と三十三観音の画像
冠水渓と隊通し
白骨温泉の冠水渓と隊通し 白骨温泉観光案内所から県道白骨温泉線の沢渡方向へ100mくらい行ったところに冠水渓や隊通しへの遊歩道の入口があります。冠水渓や隊通しへはちょっと勾配がきつい階段や山道を下りて行かなければいけませんが距離は短いです。石灰岩を侵食してできた天然洞窟から流れる渓谷美は見る価値があります。
白骨温泉の冠水渓と隊通しの画像

能登の観光 加賀の観光 白山麓の観光 滋賀県の観光 京都の紅葉 福井の観光 富山の観光