飛騨高山観光Web

白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップ


2010年2月6日(土)・7日(日)に五箇山の菅沼合掌造り集落のライトアップが開催されるついでに,東海北陸自動車道を利用して20分で行ける白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップを見に行きました。
五箇山の菅沼合掌造り集落のライトアップは17:30から20:30,白川郷のライトアップは17:30から19:30なので白川郷に先に行くことにしました。日曜日は土曜日と較べて空いているのではないかということで,今日にしたのですが天気も晴天で最高のコンデションでした。
金沢を15:10に出発して白川郷のICに着いたのは16:15でした。道路に表示されている気温は0度でした。白川郷の臨時駐車場に着いたのは16:30でした。すでに駐車場は満車に近い状態でした。駐車場では1台につき500円徴収されました。駐車場からは,かなり頻繁にシャトルバスが運行されており,ほとんど待つことなく乗る事ができます。帰りもすぐにバスに乗れました。かなり多くのバスが運行されているようです。駐車場から合掌造り集落までは5分で着きます。道路の周りは1.5mの積雪がありました。
とりあえず,合掌造り集落を一望できる展望台に向いました。白川郷は観光化が進んでいるだけに,集落内の道路は見事に除雪されていて,展望台までの歩行者用の坂道もほぼ完全に除雪されていました。ただ完全に除雪されているとは言え,少し濡れていても道路が凍結しますので,油断は禁物です。途中で滑って転んでいる人も見かけました。合掌造り集落の入口から展望台までは30分近くかかります。展望台に着いたのは17:00だったのですが,ただ見るだけですとそれくらいの時間でも見えるのですが,撮影をしようということでしたら,早く場所取りをしておかなくてはダメです。すでに撮影の場所取りには遅かったのですが,なんとか展望台に行く前の合掌造り集落を一望できる場所の隙間に入れさせていただいて三脚を立てました。積雪がかなりあるので,三脚の位置は高くないと役に立ちません。お出かけの時にはリュックに入る小さめの三脚を持って行くのですが一番高い位置でギリギリでした。
30分間待って17:30のライトアップの時間になりましたが,晴天だったせいもあり,まだ明るかったです。徐々に暗くなっていくにしたがって,いろんな表情のライトアップが楽しました。ライトアップが始まる時間には,展望台へ行く坂も人がいっぱいで途中で立ち止まらないで下さいという状態でした。18:00には坂を下りて,急いで合掌造り集落を周ってきました。白川郷は観光客が多く,人が入らない風景の撮影は不可能です。五箇山へも行く予定をしていたので,18:35には駐車場へのシャトルバス乗り場に戻りました。18:40分にバスに乗り駐車場には18:45に着きました。駐車場で自分の自動車を探すのに手間取ってしまいました。
岐阜県大野郡白川村   白川郷合掌造り集落の場所はこちら


マウス左クリックで地図のスクロールも可能です。    印刷用PDFファイル(440KB)


白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像 白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像 白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像
白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像 白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像 白川郷の合掌造り集落の冬のライトアップの画像


五箇山合掌造り集落のライトアップ 月見光路 兼六園のライトアップ 金沢のライトアップ 倶利伽羅不動尊の万灯会 金沢城のライトアップ